レーシック手術に失敗した体験談ブログ

15年前に受けたレーシック手術失敗談を完全暴露!!

失敗者

 

あなたは、今、レーシック手術に関して、次のどちらかの悩みを抱えているのではありませんか?

  • レーシック手術を受けようか悩んでいる
  • レーシック手術をしたが、視力が今ひとつ安定しないので不安だ
  • 一度、レーシック手術を受けたが、視力が低下してしまい再手術をすべきか悩んでいる

レーシック手術を受けた方が、術後の調子が悪く、ネット上を彷徨う人達が数多くいます。このような方々のことを『レーシック難民』と呼ぶそうです。

 

数年前のかつての私は、まさにこの “レーシック難民” でした。

 

こう書くと、私の術後は良好になったのではないかと期待されるかもしれませんが、全くの逆で、状態が悪化の一途を辿ることになりました。

 

ここで言ってしまっておきますが、私は

 

レーシック手術の失敗者

 

です。

 

今の私の最大の悩みは、視力です。

 

ここ数年で視力低下が著しく、既に眼鏡は常時掛けていますし、文字へのピントが合わせ辛く、このための眼精疲労や頭痛に悩まされています。

 

この今の現状は、レーシック手術のせいではないのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はレーシック手術の後遺症だと思っています。

 

それほどまでに、レーシック手術というものは、その時は結果が良くても、年を重ねる事に悪化の症状が深刻化してくるものだと思っていただきたいのです。
※個人差はあると思いますよ、もちろん...。

 

私自身の視力回復ネタを期待して、読んでくださっているレーシック難民の方には申し訳ないのですが、『レーシック失敗.com』と名づけた通り、このサイトでは私自身のレーシック失敗談や世の中でレーシックで失敗した方々のネタをまとめていきます。

 

(失敗談ばかりを書いて行くのには、それなりの理由があるのですが、それは文末で述べたいと思います)

 

当時の私は、30代半ばで一大決心をしてレーシック手術を受けたわけですが、術後の経過が芳しくなく、再手術をしようか真剣に悩みました。

 

結果、再手術をせずに、15年が経過して今に至っているわけですが、再手術をしていたら、もっと結果が悪化していたと思うのです。
※この理由も、記事にまとめていきますね。

 

ここで、少しだけ心理学的なお話しをしますと、人は皆、自分にとって都合の良い情報ばかりを得ようとしますよね。

 

口では自分の意見よりも相手の意見を尊重しているとか言いながらも、自分の考えや行動を正当化しようとするのが人間だと思うんです。

 

特に凡人である私は、その傾向が強いです。

 

レーシック手術を受けた15年前の当時の私も、自分に都合の良いレーシック情報を掻き集めていたように思います。

 

レーシック手術に、次のようなリスクが潜んでいると分かっていながらも、"今の現状の改善" のみに意識が行き過ぎてしまっていたように思います。

 

  1. 近視の戻り
  2. ドライアイ
  3. 角膜混濁
  4. 医原性の角膜不正乱視
  5. ハローグレア
  6. フラップトラブル
  7. 感染症

 

上記リスクの詳細は、専門的な眼科サイトに掲載されているので、そちらをご参照いただければと思います。

 

ここでは、上記リストの概要を述べておきたいと思います。

1. 近視の戻り

 

術後の戻りのこと。比較的症例は多い。
レーシックは角膜を削る手術であることはご存知のとおり。
このことで角膜の厚みを薄くし、屈折を変化させて近視を矯正している。
眼球はゴムボールのようなものであるため、角膜が薄くなることで眼球の内圧が薄くなった部分に強く掛かってしまう。
このために、若干だが角膜のカーブが強くなってしまい、近視に戻ってしますケースがあると言われている。

 

2. ドライアイ

 

レーシック手術の最初に角膜フラップを作る時、角膜の知覚神経を切断する。
この知覚神経が無くなるために、レーシック術後にドライアイになりやすいと言われている。

 

3. 角膜混濁

 

レーシック手術により角膜が濁り、視力が出づらくなることがあると言われている。

 

4. 医原性の角膜不正乱視

 

ケラトエクタジアとも言われ、レーシック手術の後に最も注意すべき合併症の一つと言われている。
もしも発症した場合には、コラーゲンクロスリンキングという方法で角膜を固くし進行を抑制するとのこと。
これは、事前にしっかりと検査を受け、この合併症が発する可能性が自分にあるのかは医師に確認すべきである。

 

5. ハローグレア

 

レーシック手術により、角膜が削られた部分とそうではない部分で段差が出来る。
このために、暗い場所で瞳が大きくなると、光がにじんで見えたり、信号の光などもギラギラした見え方をしてしまう。
この現象がハローグレア現象と言う。
私もこの現象には、暫く苦しめられた。
今でも、鳥目っぽさが残っており、夜間の運転は苦手である。

 

6. フラップトラブル

 

これは、実際に私の知り合いも事故を起こしています。
レーシックは角膜にフラップを作成しますよね?
このフラップにレーザーを照射して、角膜を削って、そして最後にフラップを元に戻すという一連の工程がレーシック手術になるわけですが、まれにフラップに皺(シワ)が入り、そこで固定されてしまうことがあるのです。
私も流石に、これだけは怖かったです...。
こうなると、再度フラップをあけて洗浄して、もう一度きれいに戻してあげるということを医師は行ってくれるわけですが、ここで穴が空いてしまったという例もあるのです。
とにかく細かな作業であり、フラップそのもんは極薄なため、起こってもおかしくない事故だと私は思います。

 

7. 感染症

 

これはレーシックに限らず、起こることですよね...。

 

以上、ざっと私の言葉でレーシック手術のリスクについてまとめてみましたが、当時の私も、上記のことは事前に調べていたわけです。

 

今の私ならば、まず、これだけの情報だけで手術を受けようとは思いませんね。

 

当時はですね、私のようなレーシック手術体験者の生々しい記事が無かったんですよ。

 

だから、病院の言葉を信じるしかない。

 

言い訳のように聞こえるかもしれませんが、一般患者さんの体験談とかがあれば、もっと参考にしたかったですね。

 

とここまで、長々と書いてしまいましたが、要するにこれからレーシック手術を受ける方、もしくはもう既にレーシック手術を受けて、術後の経過が芳しくないのでなんとかしたいというお方のために、私の体験談や、私なりに調べた目に関するあらゆるノウハウをお伝えしていくことで、一人でも多くの方が「目って本当に重要だよな、もっと自分の力で調べよう」と思っていただけるようになり、全て自己責任のもとでレーシック手術の受ける・受けないを決めていただければと思います。

 

目というのは、人生を彩る上でとても大切な機能であることは言うまでもありません。

 

失敗したら失敗したでいいや、というわけには行かないのです。

 

ということで、これから私はレーシック手術に潜む生々しい真実について、情報をお届けしたいと思います。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

《本サイトの筆者より》

 

私は、このサイトをこれからじっくりと育てて行きます。
ただ、正直なところ、私は医師ではありませんので、目に関する専門的な知識を網羅するようなサイトにすることはできません。
あくまで、当サイトは私自身の経験談や私の知人や有名人の体験談がサイト構成の主となります。
最終的にレーシック手術を受けるべきかを、私のサイトだけで判断するのは難しいと思います。
レーシック手術をこれから行おうか悩んでいる方、もしくは、術後の経過が良くなくて再手術を行うべきか悩んでいる方等、様々なお方が、当サイトに訪れてくださっていると思います。
そのような方々は、当サイトを参考になさった上で、一度、きちんとレーシック手術を得意とする眼科へご相談されてみるとよろしいかと思います。
私が調べた限りでは、以下の『神戸神奈川アイクリニック』が信用・信頼の面ではダントツだと思います。
「東京」「大阪」「愛知」「滋賀」「福岡」と、全国に多く展開していますので、お近くの病院へ行かれるとよろしいかと思いますよ♪

 

↓↓↓まずは、詳細をご覧になってみてください。↓↓↓

レーシックの疑問や不安にお答えします