レーシック難民の予備軍にならないためにも転職を!

レーシック難民の予備軍にならないためにも転職を!

 

あなたがもしも「レーシック難民」ならば、私は強い言いたいことがあります。

 

 

転職を考えてください

 

 

なぜだか、わかりますか?

 

視力を酷使している仕事をこれから続けると、確実に私のように視力は低下するからです。

 

だったら、傷口の浅い今のうちから、転職を考えるべきです。

 

私の年齢まで来ると、仕事はあるにせよ、流石に全く違ったジャンルで活躍することは難しいです。

 

例えば、今までデスクワークだったのに、いきなり肉体労働なんて出来っこありません。

 

しかし、今思えば、レーシック手術を受けた15年前、全く違ったジャンルに転職してみるのも良かったなって思います。

 

とにかく、モニターと睨めっこしている仕事や、スマホを年中見続けなければならないようなお仕事に就いているのであれば、転職は大いに検討すべきだと思います。

 

ちなみに、私は将来を見据えて転職するのあれば、医療系の仕事が良いと思います。

 

程よく体を使うでしょうし、ずっとモニターと睨めっこするわけではなく、人と接しますよね。

 

心が磨かれますよね。

 

また、今の日本の現状を見て、少子高齢化が進む中、医療に関しては確実に人手不足となります。

 

よって、次の転職サイトをご紹介しておきたいと思います。

 

■医療系

医師求人ガイド

 

 

また、私のようなエンジニアは、コテコテのプログラマーから運用や保守といったジャンルを手掛ける会社へ転職してみるのも良いと思います。

 

「そんな勝手なこと言ってぇ〜」と思われるかもしれませんが、これも私の経験談です。

 

老婆心だと思ってやってください。

 

ちなみに、一般職への転職は、以下が確実です。

 

■株式会社パソナ

パソナキャリア

 

 

それでは、これからもどんどんレーシック情報をお届けしますので、どうぞよろしくお願いいたします。